生活習慣病から身を守ろう
生活習慣病から身を守ろう > ザイロリックで治療する痛風

ザイロリックで治療する痛風

体内の尿酸値が上昇し、高尿酸血症になることで引き起こされる代表的な症状が「痛風」です。
尿酸は必ず体内に存在するものですが、余分な尿酸というのは尿から体外へ放出されます。
このような流れが適切に行われていると、痛風を発症する可能性は低いと言えます。
しかし、これが上手くいかず、体内の尿酸が過剰に蓄積されてしまうことで、それらが結晶という固まりとなってしまい、関節部位などに付着します。
結晶は重力に引かれて下の方へと流れていくために、痛風の症状が足に現れる人が多いです。
その中でも特に多いのが親指の付け根あたりだとされています。
関節部位に付着した尿酸の結晶が剥がれ落ちてしまうことで、俗に言う「風が吹いただけで痛い」と表現されるような激痛を伴ってしまうのです。
身体の中に不必要な尿酸を溜めないことが痛風抑止に必要ですが、尿酸値を上げ高尿酸血症を引き起こしてしまう原因となるのがプリン体です。
プリン体は肉や魚介類、アルコール類などに多く含まれており、野菜などにはあまりありません。
その為、以前は「痛風は贅沢病である」と揶揄されたりもしていましたが、食べ物が豊富になり、一般庶民においても生活が豊かになった現代社会においては当てはまらなくなってきました。
むしろ食生活やストレスに起因すると言っていいかもしれません。
尿酸値が基準値を大きく超えてしまい、痛風の症状を発症してしまった場合、症状がひどいようであれば、やはり病院に行ってお医者さんと治療の相談をするべきです。
食生活を改善することによって治療を促したり、ザイロリックのような尿酸値を下げる薬を服用したりする治療法がありますが、薬の量を間違えてしまうなど、症状が改善されるどころか、また別の問題を引き起こしたりします。
ザイロリックは痛風治療において、効果的な力を発揮してくれる薬ですが、疾患や年齢、また症状によって適切な量がありますので、必ずお医者さんに相談して、適切な分だけの服用にして下さい。

男性が痛風になりやすい理由とは

実はプリン体を多く含む物を食べていなくても、人間の体内では日々プリン体が作られています。
つまりプリン体が0の食べ物や飲料を摂取していても、それが元となって身体の中でプリン体が生成されてしまうのです。
そしてそのプリン体が肝臓で分解され、尿酸が出来るというからくりです。
男性と女性という性別で見た時に、痛風を発症してしまうのは圧倒的に男性の方が多いと言われており、その割合は9対1とも考えられています。
統計的に見た場合、男性の方が食べ物を良く食べて、飲酒する傾向にあります。
そして日頃の運動不足などがたたり、身体に尿酸を溜めやすい状況を作っているのです。
それからホルモンにも関係があります。
肝臓で分解されて出来上がったプリン体を適切に外へ放出できれば良いのですが、これが女性の方が優れているのです。
女性ホルモンがその働きを行うので、女性ホルモンが多い女性はしっかり尿酸を外へ排出することができ、女性ホルモンが少ない男性は体内へ溜めがちになるというものです。
また、痛風は合併症も怖く、心血・脳血管障害や尿路結石、高脂血症等との因果関係も報告されています。
血糖尿酸値は健康診断や人間ドックで直ぐ分かるものですので、定期的に自分の血糖尿酸値を把握することをおすすめします。
痛風は食生活や程度な運動によって大きく改善することができますが、症状の程度によっては、やはりお医者さんにかかり、ザイロリックなどの痛風治療薬を服用した方よいケースも多いです。
痛風の症状に悩まされているのであれば、まず適切な知識を持つことから始まり、食生活や運動不足の解消に努めましょう。
そして症状がひどい場合は、お医者さんに相談し、ザイロリック服用などを行いながら、自分にあった治療法を探しましょう。