生活習慣病から身を守ろう
生活習慣病から身を守ろう > ネキシウムによる逆流性食道炎の治療

ネキシウムによる逆流性食道炎の治療

胃は酸によって荒れることがないように粘膜を守る働きが初めからありますが、食道には酸から守るための機能がついていないため胃の内容物が逆流してしまうことが続くと病気をおこしやすくなってしまいます。
胃酸は逆流することがないように食道と胃の間には弁がありますがうまく機能を果たすことができずに逆流した場合、食道にダメージを与えてしまい逆流性食道炎になります。
胃液の量が多い状態で弁の役目を果たす括約筋が弱まってしまうと症状が起きやすいため治療方法として胃酸を抑えるネキシウムの服用を行うことで対応しなければなりません。
胃には胃酸分泌腺があって壁細胞にプロトンポンプが存在します。
胃酸はヒスタミンやアセチルコリンにガストリンなどが結合し酵素の活性化などにより分泌されるものでプロトンポンプ阻害薬によりヒスタミンなどの分泌に影響を与え胃酸を抑えることにつながります。
酸分泌刺激により分泌膜から出る胃酸は劇的な変化があるためネキシウムの服用によりコントロールしていくことが正常な活動に近づけることに役立ちます。
プロトンポンプ阻害薬としてエソメプラゾールなどがクリニックで処方されており、服用する量は症状や胃液の量などによって違いが出てくるため医師の指示に従って飲むことが重要です。
ネキシウムを利用して一時的に症状が回復してもまた再発する恐れがあるため勝手に服用を中止することなく服用しなければきちんと逆流性食道炎を治すことができません。
ネキシウムの主成分エソメプラゾールマグネシウム水和物の作用で胃酸が抑えられて逆流しにくい状態になると食道へのダメージが少なくなります。
そのため回復につなげることが可能になり慢性的に症状が起きている、何度も繰り返している状態のときにはネキシウム20mgを1日2回8週間服用することで大きな変化が期待できます。
胸やけや呑酸の回数が多ければ逆流性食道炎につながる恐れがありますから早めにクリニックで相談を行い治療に取り組みましょう。

若者の間で逆流性食道炎が流行っている?

食道と胃の境目部分にある括約筋は加齢によって活動を弱めるため、昔は年齢を重ねてから逆流性食道炎を発症する人が多くなっています。
食道裂孔ヘルニアなどが関連していましたが、今では若者の間でも逆流性食道炎が流行っていてクリニックを訪れる人が増えています。
胃酸の逆流は腹圧の上昇によっても起きやすくなりますが、若者の間で増えている便秘が腹圧上昇の引き金となり症状を重くしているため注意が必要です。
食生活が大きく変化し野菜や果物の摂取量が少なくなっているだけでなく、乳製品を取り入れなくなることやダイエットのために極端に油の摂取量を減らすことなどが慢性的な便秘を増加させています。
食物繊維や乳酸菌の摂取が減り油分により腸内を便がスムーズに通ることもなくなっている状態です。
炭酸飲料をたくさん飲むことや便が腐敗してガスを出すようになると、胃から腸までガスが充満して食事の際に入ってきた食べ物と胃酸がそのまま食道に逆流しやすくなってしまうといった状態が原因です。
食べ過ぎのゲップや運動不足で胃腸の活動が低下、体にピッタリフィットする洋服を着ることで腹部の圧迫を行うことも腹圧を上昇させます。
胃の中に常に食べたものが残っていると便を排出させるために腸が動く大蠕動運動が寝ている間に起きにくくなってしまうので、消化が良くない食事を食べすぎてしまうこともよくありません。
胃腸が休める時間ができにくい夜寝る直前に夕食をとる場合や、さらに夜食も食べるといった行動も問題になります。
日ごろから食べ過ぎている人は肝臓の機能が低下しやすいことも問題です。
逆流性食道炎の治療のためにネキシウムを摂取したとき血中濃度が通常よりも上昇しやすくなってしまうため、副作用を起こしやすい状態になってしまいますから肝臓の機能を正常に近づけさせるためにも食事量のコントロールを行いましょう。