沢山の注射針
生活習慣病から身を守ろう > 何故糖尿病になるのか

何故糖尿病になるのか

沢山の注射針

糖尿病は最早、国民病ともいえる疾患です。
日本人のうち半数が将来的に発症する可能性があるとされ、長寿化とともに長く付き合っていく疾患の一つになりました。
インスリンというホルモンの効果が現れないために高血糖が持続し、網膜症や腎症、神経症害を合併することがこの疾患の病態ですが、そもそもなぜ起こるのでしょうか。
糖尿病は大きく分けて2種類あります。
ひとつは膵臓のランゲルハンス島β細胞が何らかの原因で破壊され、インスリンがそもそも分泌されなくなる1型糖尿病です。
日本では比較的珍しく、どちらかと言えば欧米で多いこの病型の背景には、自己免疫機序が関わっていると言われています。
本来、外敵を攻撃するための免疫機構が、何かをきっかけに自分のランゲルハンスβ細胞を攻撃してしまうことが原因で、膵臓そのものが破壊されてしまうため絶対的にインスリンが不足してしまいます。
もう一つの型は2型糖尿病といって、日頃からダラダラ食べる、などの高血糖が継続する生活習慣によりインスリンが常に出ている状態となり、全身の細胞がインスリンに対して反応性が鈍くなっている状態を指します。
インスリンを外的に補充すれば一応正常の機能を果たすことが可能ですので、細胞の耐性に比して相対的にインスリンが不足した状態である、と言えます。
こちらの型には食生活や運動習慣が強く関与していますが、遺伝子的にインスリン耐性を生じやすく2型糖尿病になりやすい人種は存在します。
日本人はどちらかといえば2型糖尿病を発症しやすい人種であると言えます。
どちらの糖尿病でも、血糖を細胞内に取り込む作用が減弱します。
そのため、肝臓にブドウ糖を取り込んでグリコーゲンを合成することが出来ず、飢餓状態になった場合のエネルギー源として肝臓グリコーゲンを利用できないということもまた糖尿病の特徴です。
代わりに脂肪がエネルギー源として駆出されるために、糖尿病を発症すると痩せていきます。

食材以外でできる食事での対策とは

実のところ、2型糖尿病はどのような機序で膵臓ランゲルハンスβ細胞が破壊されて、何がきっかけとなって発症するのかということについては実はまだよく分かっていません。
ですので、2型を予防することは至難の業ですが、2型であれば遺伝的ななりやすさはある程度関与するものの生活習慣を見直すだけである程度予防することが可能です。
2型糖尿病の予防で最も重要なのは食事です。
急激な血糖の上昇を招かないように注意することでインスリンの出が緩やかになります。
インスリンの分泌が緩やかになることによって体細胞のインスリンに対する耐性を変化させずに済みます。
そのためにブドウ糖などの単糖類は吸収されやすいため急激な血糖の上昇を招き、糖尿病の病態形成に関与するため清涼飲料水などの単糖を多く含む食品の摂取は出来るだけ避けましょう。
食事以外にできる対策では運動習慣が重要です。
ある一定強度以上の運動を繰り返し行うことによって、インスリンの感受性を改善できる、ということは既に証明されています。
運動療法は糖尿病治療のガイドラインに組み込まれており、運動習慣がそれまでなかった人が運動を開始したことで実際に糖尿病の進行や血糖値の高値が改善されたという実例は枚挙に暇がありません。
予防においても運動の必要性は言うべくもありません。
また、糖尿病の発症リスクとなりえるものの中にはストレスがあります。
不眠や精神的、肉体的ストレスを抱えている人であれば糖尿病発症リスクは跳ね上がると言われています。
ですので、しっかりとした休養こそ糖尿病発症を予防する手段のひとつであることは間違いないようです。
睡眠薬に頼らない自然な、質のいい睡眠をとる方法を考えてみるのもいいでしょう。