生活習慣病から身を守ろう
生活習慣病から身を守ろう > 油断できないアレルギー症状とは

油断できないアレルギー症状とは

アレルギーはさまざまな種類があります。
食べ物を食べることによって引き起こされるものや、鉄や植物などに触れることで引き起こされるもの、花粉症が流行る季節には花粉によってI型アレルギー反応が出てしまうこともあります。
ほとんどの場合は重篤な症状を引き起こしませんが、ひどい場合だと呼吸困難に陥ってしまったりして脳に酸素が行き届かず、後遺症が残ったり、時には死に至ることもあるので注意が必要です。
人の体にはウィルスや細菌などの異物が入ってきたときに抗原という物質が抗体が作られます。
この抗原によって作り出された抗体が外敵をやっつけようとする免疫となります。
しかしこの免疫が食べ物や花粉などに対しても、有害な物質と勘違いして反応し攻撃し続けることで、体にマイナスな症状を発症させてしまいます。
I型アレルギーの症状を持っている人は免疫バランスが乱れている方が多いです。
花粉症などの症状の引き起こす元となるのは肥満細胞と言われています。
花粉やダニ由来のたんぱく質などと反応する肥満細胞が周囲に炎症を起こします。
よく聞く食べ物アレルギーは卵や牛乳、小麦粉などか多く存在していて、3大アレルゲンと呼ばれています。
この3大アレルゲンは乳幼児にとっての主なアレルギーの原因となっていて、初めて食べさせるときは特に気をつけて見てあげなければいけません。
卵を食べさせてあげる場合注意する点は、卵白にアレルギーの原因となるたんぱく質が含まれています。
卵白のたんぱく質は加熱をする事で症状が弱まることがあります。
食べさせる場合はしっかり熱を通してから食べさせてあげてください。
通常は卵白を避けて黄身だけを少しずつ食べさせて慣らしていきます。
大丈夫そうなら白身も少しずつ食べさせながら様子を見ます。
牛乳や小麦もいきなり一気に食べさせるのではなく、少しずつ様子みながら食べ進めます。
体に異変が起こるようでしたらすぐにやめてください。
少量でしたらすぐに症状が治りますが、治らずきになる場合は医師に相談してください。

気づいたらアレルギーになっていた

アレルギーの患者数は0歳から1歳が10人に1ぐらい、3歳児で20人に1人ぐらい、成人は100人に1人ぐらいの割合でいらっしゃいます。
こうやってみるとアレルギーは小さい頃に発症しやすく、大人になっていくにつれて治っていく傾向にあります。
しかし、大人になってある日突然アレルギーになることはあります。
大人の食べ物アレルギーは、発症する年齢が遅いほど完治しにくく、完治しない可能性が高くなっています。
今まで花粉症じゃなかったのに、ある年から急に花粉症の症状に悩まされるという方も少なくありません。
特にスギ花粉に悩まされている方が4人に1人の割合でいると言われていて、国民病とも言われています。
スギは戦後に大量植林されて、伐採されずに残っています。
樹齢30年を超えると開花適齢期を迎え、多くの花粉を飛散させるようになります。
その影響で花粉症ではなかった人も、症状が発症するようになり、多くの方が悩まされています。
他にも原因はあります。
食事環境の変化や生活リズムの乱れによってアレルギーを起こしやすくなってしまいます。
高タンパクや高脂肪の食事を続けてしまったり、睡眠不足が続いたりストレスの多い生活などを送っていると、それまで正常に機能していた体内の抗体が異常を起こしてしまいます。
住宅環境の変化によってもアレルギー症状を発症することがあります。
通気性が悪くダニやホコリの温床となって、大量に発生した環境で生活をする事で、アレルギー反応を起こすようになってしまいます。
アレルギーになってしまったと感じたら原因が何かを探り、生活習慣が原因なら規則正しい生活リズムに戻すようにします。
住宅環境が悪いならすぐ引っ越せる状態でしたら引っ越して、そうでない場合は定期的に換気を行ったりこまめに掃除をして、原因となる物質を除去しましょう。