生活習慣病から身を守ろう
生活習慣病から身を守ろう > 脂質異常症とは何か

脂質異常症とは何か

脂質異常症とは、血中に基準値以上の脂質が存在していることを指します。
本来、脂肪は血中にほとんど存在していませんが、栄養過剰や逆に栄養不足などの背景によりエネルギー源や細胞構成成分としての脂肪が過剰に露出することになると動脈硬化が進行したり、脂肪そのものが細かい血管を詰まらせることによって末梢の塞栓症を引き起こすこともあります。
人体の中で脂質は多くの場合は中性脂肪とコレステロールによって構成されています。
一般的に悪玉、と呼ばれている脂質はコレステロールによってたっぷりの中性脂肪が包まれているLDLなどの分子です。
逆に善玉と言われているHDLは非常にコレステロールの割合が多い脂肪でありLDLを減らす作用があるなど様々な動脈硬化などの高脂血症に伴う障害に対して逆らう働きを示します。
脂質異常症は血中に脂肪が多い状態ですが、LDL、HDL、単純に中性脂肪量として評価できるトリグリセライドなどいずれの脂質が著明に増加しても脂質異常症という診断を受けます。
脂質異常症で血中に過剰な脂質が存在している場合、人体はその余剰脂肪を処理しようとします。
マクロファージという体内の異物を捕食する血球が余剰な脂肪成分を貪食しますが、マクロファージにもキャパシティの限界があり、精一杯食べたマクロファージは移動能を失い血管壁に沈着します。
こうして血管壁に大量の脂質が沈着することとなり、やがて動脈が変性していきます。
これが動脈硬化ですが、脂質異常症では最も気を付けなくてはならない病態であり、ここから脳出血や心筋梗塞、大動脈解離などの疾患を引き起こすために最も命を奪っている変化であると言えます。
血中の脂質に可能な中性脂肪が混ざっているかどうかを判断する基準にトリグリセライドがあります。
中性脂肪は測定が難しいため、普段中性脂肪とくっついて保存に役立っているトリグリセライドが遊離状態で存在する様子を観察することで中性脂肪を間接的に測定できるのです。

コレステロールや中性脂肪は完全に有害ではない

コレステロール、中性脂肪に対してまるで健康の天敵であるかのように紹介される場合も多いですが、これらの脂質は人体内で重要な役割を果たしています。
本来、全く邪魔なものではなく、過剰に存在することが問題なのです。
コレステロールは細胞の壁を作るために重要な成分です。
人体はほとんど水分、または水溶性の物質で出来ています。
そのため、人体が人体として存在するためには水に溶けない脂肪によって仕切りを作る必要があるのです。
これが不足することによって細胞の代謝は低下します。
細胞分裂は低下し、老廃物は留まるなど様々な弊害が生じるのです。
必要量を満たす程度のコレステロールは人体には必要不可欠なのです。
中性脂肪はエネルギー源として優秀です。
ブドウ糖が1グラムあたり4キロカロリーを生じるのに対して、中性脂肪は1グラムでは8キロカロリー程度のエネルギーを生じると言われています。
大量に脂肪を取った場合にも血中の中性脂肪値は上昇しますが、逆に体内にエネルギーとなる糖が枯渇した場合にも上昇します。
中性脂肪を全くゼロにする、ということは人体のこういった予備資源を利用するシステム自体の破綻を意味していますので、生命維持の観点からすれば健全とは言い難いです。
血中の脂質量の管理に関しても、結局は程度の問題です。
マクロファージのキャパシティを超えるほどのコレステロールや中性脂肪が存在している状態が問題なのです。
未発症であったり健康なうちから血液検査の結果を少し気にして、血中脂質の管理に注意を払うだけでも十年後の健康状態に著明な差として現れることでしょう。
後悔先に立たず、という言葉もありますし、健康なうちから予防することが何より重要です。